MENU

インディゴチルドレンは発達障害ではない

現代医学に改善を依頼してもろくなことはありません。

 

発達障害と診断された

 

ADHDの診断を受けた

 

医師や医療関係者がインディゴチルドレンを本当に理解していない

 

ということで何の解決も改善も達成してもらえなかったということは多いのではないでしょうか?

 

発達障害もたしかに症状は似ているかもしれません。

 

生きにくさを感じる

 

集中力が保てない

 

じっとしていられない

 

気分が高揚すれば自分をコントロールできない

 

たしかにこれだけ見ていればインディゴチルドレンとそっくりです。

 

しかし注意欠陥となる領域が違っています。

 

つまりインディゴチルドレンでは本当は注意力や集中力を維持できるのですが、その能力が麻痺したり、特定のときに自分でコントロールすることを放棄しているわけです。

 

やろうとしても絶対にできないというのとはやや違います。

 

インディゴチルドレンでは現代医学や社会の無知や無関心によっていつも傷つけられるのが今の現状となっています。

 

医学に頼ると非常に危険

 

医学では従来から存在している発達障害への対処方法を勧めてくるかもしれません。

 

それは薬であったり、何かのトレーニングであったりします。

 

しかしもともと医学では原因を正確につかめていないわけですから、そこから出てくる方法を実施すれば非常に危険です。

 

そもそも原因を誤っているわけで、結果としてはインディゴの生きにくさを改善するよりも、むしろ状態が悪くなることもあるということです。

 

これは宗教やスピリチュアルでも同じことがいえます。

 

何度もいいますが、インディゴの生きづらさを理解していない方法での改善は今すぐにやめましょう。

 

インディゴである自分を理解することが重要

 

上記のようにただ発達障害であったり、また原因不明の精神障害のように診断されても前進はありません。

 

むしろただ人生に無力感が出たり、生きる気力を失ったりするだけです。

 

インディゴチルドレンは

 

医学

 

スピリチュアル

 

などでは決して生きづらさの解決はできません。

 

彼等は所詮インディゴチルドレンを本当に理解していませんし、今後も理解しないからです。

 

インディゴチルドレンであることがやっかいなのは多くの地球人が本当に理解し、研究していないことです。

 

そのため我々も

 

インディゴとして地球でどう生きるべきか?

 

使命をどうして見つければ良いのか?

 

などということがわからないのです。

 

ひょっとすればまだスピリチュアル、医学などに無駄なお金を使っているインディゴもいるかもしれません。

 

でもそんな方法はただのお金と時間の浪費です。

 

何度もいいますと重要なことは

 

他のインディゴチルドレンがどうやって地球に適用し、どうやって人生を全うできるようになったのか?

 

ということを知ることです。

 

地球適用マニュアルはこちらから


インディゴチルドレンの生きづらさを研究している須藤さんの地球適用マニュアルは以下から詳細を見ることができます。


今ならマニュアルの感想を返信すれば3000円キャッシュバック特典があって5400円で入手できます。


キャッシュバックはいつまであるかはわかりませんので、早めに入手しておきましょう。



⇒ インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、スターチャイルドの地球対応マニュアル