MENU

インディゴチルドレンがひきこもり、不登校、自閉症になる理由

ここを見ている方で子供がインディゴチルドレンという場合もあるかもしれません。

 

ひきこもり

 

不登校

 

自閉症

 

といった子供の症状にまったく理解もできず、どうすれば良いかもわからないという場合もあるかもしれません。

 

また今まで医学やカウンセラーなどに相談してみてもまったく改善されなかったということもあるでしょう。

 

改善されないということからも明らかなように、それは原因の本質からすれま間違ったアプローチになっている場合が多いのです。

 

インディゴチルドレンの場合にはやや特殊な方法を採用しないと一生改善されず、まともに生きていけないという場合もあるので、早急に、でも焦らずに着実に対応していかなければいけません。

 

ひきこもり、不登校、自閉症の理由

 

これらの原因というのは実際になってみないとわからないかもしれません。

 

きっかけとしてはいろいろ考えられます。

 

いじめにあった

 

先生やクラスメートへの不信感

 

成績が悪く学校に行きたくなくなる

 

学校の意味がわからなくなる

 

しかしすべてに共通するのは

 

自分以外のものへの不信感

 

といって良いのです。

 

学校も小さな社会ですから、人間関係からいろいろなことを感じていきます。

 

敏感な子でなければ仮にいじめにあっても、学年が変わりまた普通に学校生活を送れることもあります。

 

しかしインディゴチルドレンの場合には敏感さ故に、そのまま人間不信となってしまうことも多いわけです。

 

このような場合に最近の教育現場でよくあるのが

 

「そのまま学校に通わない」

 

「転校してしまう」

 

など要するに逃げてしまうという「解決方法」です。

 

たしかにいじめなどで自殺するよりかは遥かに良いのですが、致命的な欠陥も身についてしまいます。
それは

 

「社会に出ていくときに出てくる逃げれない壁に対応する能力が養われない

 

ということです。

 

社会で壁に当たりそのまま自殺してしまうインディゴチルドレンも多いのがこのような人生の流れから来ているといえるのです。

 

インディゴチルドレンとして社会に適応する方法

 

敏感すぎる、完璧主義すぎる、気にしすぎるなどインディゴチルドレンにはメリットでもあり、逆にデメリットでもある特徴が強く刻印されていることは多いです。

 

しかし「すぎる」というのは決して素晴らしいことでなく、しんどい思いをするのは本人です。

 

宇宙とはある程度やれるだけやって適当にやり過ごすというような精神的な作用も必要です。

 

しかしここまでうまく世界に順応するまでも大変なのです。

 

そのため順番を踏んで徐々に楽に生きる方法を獲得していかなければいけません。

 

自分の生きにくさの原因を理解する

 

本当の自分と向き合う

 

社会への不信感や過敏さなどを改善していく

 

そしてやっと自分をコントロールできるようになる

 

1歩1歩このように手順を踏み、確実に若いうちから自分の人生を実現できるようにならなければいけません。

 

この最初のステップに須藤さんの適応マニュアルがあります。

 

地球適用マニュアルはこちらから


インディゴチルドレンの生きづらさを研究している須藤さんの地球適用マニュアルは以下から詳細を見ることができます。


今ならマニュアルの感想を返信すれば3000円キャッシュバック特典があって5400円で入手できます。


キャッシュバックはいつまであるかはわかりませんので、早めに入手しておきましょう。



⇒ インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、スターチャイルドの地球対応マニュアル