MENU

インディゴチルドレンが怒りを感じる理由

インディゴチルドレンと自覚する前から、

 

「普通に生きていてもしばしば怒りを日常的に感じていた」

 

ということは多いかもしれません。

 

症状は違いますが、怒りではなく

 

体が動かすのがしんどい

 

何かやらないといけないような気がする

 

不安

 

コミュニケーションが取りにくい

 

などといったような症状として表れてくる場合もあります。

 

この怒りのような感情も人生を生きる上では非常にしんどいものですが、インディゴチルドレンとして生きるにはこの「怒り」の正体を知る必要があります。

 

正体もわからずにいるので余計にしんどくなるのです。

 

インディゴチルドレンの内なる「怒り」の理由

 

もともと地球の矛盾を正すために生まれてきたインディゴチルドレンは、その使命を果たすために怒りのエネルギーを持っています。

 

怒りというのは悪いことばかりでなく、

 

「怒りがあるので、正すこともできる」

 

という機能もあるのです。

 

つまり行動を実現するためのエネルギーといったところです。

 

つまりよくわからずに沸いてくる内なる怒りとは、世界を正すという目的のために潜在的に用意されているものでもあるのです。

 

インディゴチルドレンの怒りをコントロールする方法

 

インディゴチルドレンの怒りは非常にやっかいです。

 

コントロールも非常に難しくないでしょうか?

 

上記のようにそれだけ大きな使命があって生まれてきているので、簡単に制御できるものでもありません。

 

怒りはコントロールするのでなく、

 

怒りの感情を正視し、認めること

 

客観的に観察すること

 

怒りをうまく外に発揮すること(世界のために活用すること)

 

ということで生かしてあげれば良いわけです。

 

そのために重要なことは、自分の内なる怒りの正体をよく知ることです。

 

怒りも知らずにコントロールしようとしても無理な話です。

 

世界のために活用するといっても難しく考える必要もありません。

 

本当は周囲の小さなことからやっていっても良いのです。

 

焦る必要はありません。

 

世界中の人を幸福にするのはたしかに立派なことですが、周囲の1人の人へも貢献できないのにそれ以上の大きなことはできないはずです。

 

焦らず、自分なりにできることをやれば良いのです。

 

親しい人にやさしい言葉をかけてあげるのも立派な行為とは思いませんか?

 

怒りの正体とその分析方法

 

人間の感情はよく現代地球ではいくつかのカテゴリーで分類されます。

 

幸福

 

怒り

 

悲しみ

 

喜悦

 

徒労感

 

無力感

 

など言葉としては非常に多いかもしれませんが、実は人間の複雑な感情のほんの一部も表現できていないことを知っているでしょうか?

 

インディゴチルドレンの怒りその他の感情も地球の科学では解明はできていませんし、解決などは不可能な話です。

 

とてもそんなレベルまで到達していないのです。

 

心理学の研究をすればわかりますが、原始的な行動理論の域程度のレベルです。

 

おそらくかなりの確率でここを読んでいる人の人生が終わるまでインディゴチルドレンの怒りその他の感情解明は実現しないでしょう。

 

しかしあるたった1つの方法でインディゴチルドレンとして、内なる怒りを直視できる方法があります。

 

それば

 

食事の改善

 

インディゴとしての自分を知ること

 

ある○○を毎日すること

 

です。

 

○○というのはこのページの下のほうのマニュアルに紹介されている方法ですが、時間はかかるものではありません。

 

場所制限もそこまでありませんので、通勤時などでもサクッと行えます。

 

インディゴ研究を長年やってきた須藤さんのノウハウがつまったのがこの○○です。

 

地球適用マニュアルはこちらから


インディゴチルドレンの生きづらさを研究している須藤さんの地球適用マニュアルは以下から詳細を見ることができます。


今ならマニュアルの感想を返信すれば3000円キャッシュバック特典があって5400円で入手できます。


キャッシュバックはいつまであるかはわかりませんので、早めに入手しておきましょう。



⇒ インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、スターチャイルドの地球対応マニュアル